入会特典2,000円OFFクーポン

入会特典2,000円OFFクーポン

adidas 2021 S/S Collection
アディダス春夏コレクションの最旬シューズで魅せる、定番&トレンドコーデ(Mens編)

アディダス 2021年春夏コレクションから、注目のシューズ&アパレルを使ったコーディネートをご紹介。ファッション誌やブランド広告などで活躍中のスタイリスト・松田有記さんによるコーディネートのポイントと一緒に、今季の新作たちの魅力をお届けします。手持ちのアイテムでいますぐ実践できるスタイリングのコツが満載です!

    

ADVANCOURT BASE コーデ1

ボーダー×白スニーカーで爽やかさ満点な“THE 海の男”スタイル 「ボーダーTシャツに色落ちデニムとADVANCOURT BASEを合わせた、海の男感のあるカジュアルスタイルです。腰に巻いたパーカーでサーフっぽさを演出、このひと手間を加えるだけでグッと全体が締まります。Tシャツがジャストサイズな作りなので、ボトムスとのバランス感を意識しました」



ADVANCOURT BASE コーデ2

異素材ミックスでつくる、ハイセンスなワントーンコーデ 「ホワイトのアイテムだけを組み合わせた、いま流行りのワントーンコーデです。ポイントは、素材感。今回は、リネンのノーカラーシャツにスポーティなダブルニット素材のTシャツ、パンツはコットンを合わせました。ワントーンコーデって一見難しそうに感じるんですけど、ひとつひとつのアイテムの素材を変えるだけで表情豊かなコーディネートになります。全身ホワイトに挑戦するなら、足元にはまっさら清潔な白スニーカーを合わせたいですよね。ヒールパッチとシュータンに入っているグリーンのロゴが、さりげなくアクセントになってくれています」



RETRORUN CLASSIC M コーデ1

スポーティなアイテムを差し込んだ、新感覚のミリタリールック 「トレンチコートは、もともとイギリス軍が着用していたミリタリーアイテム。インナーは、トレーニングなどに最適な素材のTシャツなんですけど、古着によくあるメランジのTシャツに見立ててコーディネートしました。こういった、一見用途が決まっているアイテムも組み合わせ次第で着こなしの幅を広げることが出来るから面白いですよね。ボトムには、タック入りのきれいなパンツを」



RETRORUN CLASSIC M コーデ2

アースカラーでまとめた、フェス仕様の快適アクティブコーデ 「落ち着いた色合いのフェススタイルをイメージしたコーディネートです。アースカラーでまとめることで、RETRORUN CLASSIC Mのトリコロールカラーが映えるように意識しました。カーキ色のアウターは1枚あるウト重宝する汎用性高いアイテム。このジャケットは2トーンの切り替えがあることで、よりアウトドアらしいデザインになっています。インナーのTシャツは、通気性のいいトレーニングにぴったりの素材。実際フェスでも暑くなって汗をかくことがあるので、高機能なTシャツは活躍してくれると思います。両手を自由に使えるサコッシュもフェスにぴったりのアイテムですよね。ボトムスを差し替えればタウンユースもいけるコーデです」



KURIN M コーデ1

スリッポンとポロシャツでつくる、技ありセットアップスタイル 「最近、人気のブランドが積極的に提案しているセットアップスタイル。ポイントは、抜け感のある足元。足し算引き算を意識した、大人のセットアップスタイルです。カットソーだとカジュアルすぎるけど、襟があるのでちょっとしたお出かけのシーンにも着ていけるスタイルだと思います」



KURIN M コーデ2

モードのエッセンスをプラスしたストリートに映えるスポーティスタイル 「ストリートとモードの中間を狙いたいなと思って、ブラックを基調にボトムスに黒ベースの迷彩柄ショーツを差し込みました。ポイントはKURIN Mとショート丈ソックスの組み合わせ。今、海外でもこの丈のソックスが流行っていて、こういったソールまで同系色のスリッポンと合わせることでソックスシューズっぽい見た目のグッとモードな足元になります。今回のように丈の長いアウターにショーツを合わせるのは少しレベルの高い着こなしですけど、いざやってみるとカッコイイので、ぜひトライしてみてほしいですね」



RUN 60s 2.0 M コーデ

グレートーンでまとめた、気取らない日のスポーツMIXスタイル 「ちょっとしたアウトドアシーンや友達と遊びに行くときなどに着たい、フットワーク軽めのスポーティスタイル。全体的にグレーがかった色みでまとめたので、ラフ過ぎない品が感じられる雰囲気にまとめました。90’s風な配色のブルゾンは、袖の大胆な“THREE STRIPS”のロゴと見頃のデザインが面白いですよね」



上へ戻る